トイレの詰まりの原因で多いのは

トイレの詰まりというのは、あまりいいイメージがないものです。日常的に使う欠かせないライフラインの一つであり、一度詰まると直すのも結構大変なため、詰まる原因をよく理解し、快適にトイレを使えるようにしましょう。

トイレの詰まりの原因の一つとして、そもそもトイレに流せないものを流している、ということがあります。トイレットペーパーは水に溶けるように作られていますが、一般的なティッシュはそうではありません。そのため、ティッシュを流すだけで詰まってしまうことも少なくないのです。トイレットペーパーと見た目は大して変わらなくても、ティッシュは普段から流さないようにしておきましょう。

小さいお子さまのいる家庭では、お子さんが間違っておもちゃなどを流してしまうことが原因で、詰まりが起きてしまうこともあります。お子さんが身の回りのものを流してしまうことがないようおもちゃの管理をしておく、またトイレにおもちゃを持って入らないようお子さまにも普段から教えておくなどするとよいでしょう。

普段、正しい使い方でトイレを流そうとしたときも、トイレットペーパーの量が多かったりするとトイレの詰まりの原因となってしまうことがあります。あまり慣れない使い方ではありますが、流す量が多くなりそうなときは、先に流しておいて2回、あるいは3回に分けて流すと安心です。

トイレの詰まりを解消させるには

毎日何回も使用するトイレですから、多少のトイレの詰まりはあり得ることです。トイレットペーパーを流しすぎたり、トイレットペーパー以外を流してしまったりと理由はさまざまです。

しばらく使用していなかったりすると、上手く水が流れなくてトイレの詰まりを感じることもあります。それでは、いざトイレの詰まりが起きてしまった場合は、どういった方法で解消させるとよいのでしょうか。

トイレの詰まりを解消させるには、専用の道具が必要です。誰でも購入出来て、よく使用されるのがラバーカップです。こちらは、スッポンという愛称で親しまれており、どのご家庭にも一つはトイレに置いてある道具です。

大抵の詰まりは、ラバーカップで解消されます。ラバーカップを便器の穴の奥深くまで入れて、しっかりと吸い込むように動かします。何回か同じ動きを繰り返すと、詰まっていた物が取れて、水がスムーズに流れ出します。とても便利な道具ですので、持っていないという方は、是非お買い求めください。

また、小さなものを落としてうっかり流してしまったというケースも多く見られます。お子様のミニカーなど、小さなおもちゃであったり、ズボンの後ろポケットに入れていたハンカチやティッシュペーパーなどが気が付かないうちに落ちたということもあります。これらの物は水溶性ではありませんので、ラバーカップで解決することは難しく、上から取り除くしかありません。

これ以外にも、日々の汚れが排水管にたまったことによってもトイレ詰まりが発生することもあります。尿石や便が排水管の接合部などにひっかかり、小さな汚れでもそこに次々とゴミがたまり、ついには排水管に蓋をしてしまったように詰まってしまいます。

そのような詰まりを解消するためには、酸性の洗剤を使用して溶かし出したり、排水管用のブラシで汚れをこすり落とすなどして詰まりの原因を取り除く必要があります。以上のように、トイレが詰まった場合には、その原因に合わせた方法で対処することが大切です。

このほかに、寒冷地などでは水が凍って流れないということもあるようです。そういった場合は、50度くらいのお湯を便器に入れ、凍った部分が解けるのをしばらく待つと良いでしょう。その状況に合った処置を施すことが、詰まり解消の鍵となります。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978