トイレの詰まりにスッポンを使う際に注意することは?

トイレが詰まった時、まず浮かぶのはあのスッポンではないでしょうか。あのスッポンは正式には「ラバーカップ」と言います。トイレの詰まりはいつも急に訪れるものの、ラバーカップはどの家にも常備されているものではありません。

業者を呼ぶ事に比べたらはるかに安上がりですが、めったと使わないものですので、1000円近く出して購入することに躊躇される方も多いでしょう。また、ラバーカップの置き場所などがないという方や、トイレにむき出しで置くことに抵抗があるという方もおられるのではないでしょうか。

そのような場合は、可能であれば近所のお宅、賃貸でしたら大家さん、お願いする人が居なければ、最悪コンビニなどに借りに行くという方法もあります。

ただし、ここで注意しないといけないのは、ラバーカップには洋式便器用と和式便器用があるという事です。洋式用には真ん中に突起があるもので、洋式便器で和式用を使っても効果は薄いのです。よくスーパーなどで売られているものは和式のものが多いので要注意です。

また、そもそもサイズが合わない場合も効果が無いので、キチンとフィットするものを使うようにしましょう。いざという時のために購入して置いておくのもよいですが、溶けにくい紙を流さない・必要以上の節水はしないなどを習慣づけて、まずは普段からトイレを詰まらせないためにような心がけをすることも大切です。

放置していてもトイレ詰まりが解消するケースも

近年のトイレ設備は便利で快適な機能が豊富に詰まっているものが多くありますが、それによって構造が複雑化しているということもあり、何かトラブルが発生した場合には困ってしまうという方も多くいらっしゃいます。

とくに、水が流れなくなってしまった場合には用を足すこともできなくなってしまいますので、トイレ詰まりのトラブルが発生すると焦ってしまいがちです。何とか流そうとして水を再び流してしまいがちですが、便器から汚水を溢れさせてしまう原因にもなるので、このような場合は慌てて水を流してしまわないよう注意が必要です。

トイレ詰まりの原因にはいくつかありますが、トイレットペーパーを一度に大量に流してしまったというケースが多いです。大量のトイレットペーパー排水管に蓋をしたような状態になってしまったために詰まりが発生しているのですが、詰まりの原因が水溶性のものであれば、あまり心配しなくても問題ありません。

異物であればこのまま放置していても何の解決にもならないのですが、トイレットペーパーは水溶性ですので、水と接している面から徐々に溶けていき、次第に流れていくので、慌てて修理業者を呼ばなくても再び水が流れるのを待たれてみるのもよいでしょう。

しかし、家族が一日に何度も使用するトイレが詰まりを起こしているのなら、早く解消させたいものです。そんな場合には、お湯を流してあげることで解消するまでの時間を短縮させることもできます。いずれにしても、慌てずに冷静に状況を判断し行動されることが大切です。

急な水道トラブルにも24時間365日出張対応でスピード解決! Edit

突然の蛇口・水道トラブル、トイレの水漏れなどでお困りなら、いつでもお気軽にお電話ください。24時間365日受付対応お電話1本で、水道修理のプロが24時間いつでも出張対応いたします!

安心価格

安心保証

ご相談・お見積りは無料です。
050-8882-5978